トモダチコレクション
作:シクノレ

ニンテンドーDSというゲーム機のゲームソフトで、「トモダチコレクション」というのがある。
ゲーム内に自分や友人、家族にそっくりなアバターを作成し、マンションに住まわせてその暮らしぶりを眺めるといった他のゲームとは違った趣向のゲームである。
これが中々にシュールな内容で、本人とアバターのギャップによく笑わされる。
彼、三島九朗もまた、「トモダチコレクション」にハマった人間の一人である。
ある日の高校の休憩時間、九朗は家から持ってきたDSで「トモダチコレクション」を楽しんでいた。
アバターが喋るので、音が漏れないようイヤホンをしていた。
「おーい」
故に誰かから話しかけられても簡単には気づかない。
それ程までに集中しているのだ。
「おいったら」
ドンと肩を押され、九朗はやっと自分に話しかけてきた少年の存在に気がついた。
「何だ、冨士田か」
「何だはねえだろ……」
小学校からずっと一緒の悪友、冨士田十治である。
十治は軽く溜息を吐くと、九朗のDSを覗きこんだ。
「トモダチコレクションか」
「知ってるのか?」
「知ってるというか、持ってるぜ」
十治はニヤリと笑うと、DSを取り出し、電源を入れた。
起動されたゲームはやはり「トモダチコレクション」であった。
「おお、お前も持ってたのか!」
「ああ、通信しないか?」
「勿論!」
今まで一人でやっていたため、九朗は仲間が出来たことが心底嬉しかった。
早速通信画面に切り替え、メンバーを募集した。
すぐに十治と通信が始まった。
「Miiの交換で良いんだよな?」
「ああ」
ちなみにMiiというのは「トモダチコレクション」の中で使われているアバターの総称である。
これを通信で交換することによって、互いのMiiが互いのマンションで生活するようになるのだ。
「まずは、俺を送ってやろう」
十治がそう言うと、九朗の元に十治そっくりのMiiが送られてきた。
「そっくりだな」
「だろ?九朗のも送れよ」
「わかったよ」
九朗は最初に作った自分そっくりのMiiを十治へ送った。
「すげえ! お前のもそっくりだな!」
「我ながら良く出来たと思ってたんだよ」
九朗は調子に乗って得意気に笑った。


それから何人か交換している内に、休憩時間が終了した。
九朗はDSをバッグの中へ納めると、授業道具を用意した。
担当の教員が到着し、授業が始まる。
しばらく大人しく授業を受けている時、ふと十治の方を見る。
「アイツ……DSしてるな……」
十治は両手を机の中に隠すようにしている。
恐らく中でDSをつついているのだろう。
「見つかったらヤバいぞ……」
九朗は呟くと、軽く溜息を吐いた。


「ゲ、九朗の奴服が欲しいとかほざいてやがる」
十治はボソリと呟いた。
ゲーム内の九朗が十治に服をねだっているらしい。
しかし、先程大量に食べ物やインテリアを購入したため、残金は一万程度だ。
「まあ、買ってやるか……」
仕方なく、十治は服屋のボタンを押す。
何を買おうか考えている時、ふと十治の中に一つの疑問がよぎる。
―――――女物の服を男に渡すとどうなるんだろう?
気になり始めるともう止まらない。
十治は既に試してみたくて堪らなくなっていた。
「買って……見るか」
十治はセーラー服を購入すると、早速九朗へ渡してみた。
「うわ、着替えたよコイツ」
授業中なので、教員にバレぬよう、必死に笑いをこらえる。
まるで九朗が女装しているかのようだ。


「十治の奴、何笑ってんだ……?」
必死にこらえながらクスクスと笑う十治を見て、九朗は首を傾げる。
何かシュールなイベントでもあったのだろうか。
「……!?」
不意に、異変を感じた。
足元が異様にスースーする。
ズボンでは有り得ない感触だ。
「どうなって……」
呟いて、足元を確認し―――絶句した。
セーラー服だ。
自分は今、セーラー服を着ている。
スカートから伸びる逞しい足に生えたすね毛がなんとも気色悪い。
「何でこんな……!!」


十治はやっとのことで落ち着くと、九朗のMiiの編集画面へと入った。
「いっそのこと女にしてやろうかな」
十治はクスリと笑うと、髪型をまず変えた。


「な、なんだコレ……!!」
凄まじい勢いで髪の毛が伸びている。
元々ゴワゴワした髪質だったハズなのに、今の九朗の髪はまるで女性のように美しく、しなやかだった。
九朗の髪は肩の所でピタリと伸びるのをやめた。
毛先が頬に触れてくすぐったい。
しかし、異変は止まらなかった。
「―――ッ」
突如、視線が下がった。
慌てて手を見ると、小さくなっており、指も自分では有り得ない程にキレイになっていた。
ちなみに、本人は気づいていないのだが、彼の顔は既に女性の物となっている。
この有り得ない事態にも関わらず、九朗の股間の相棒は凄まじい勢いでスカートを押し上げている。
妙な興奮状態になっているのだろう。
気が付けば、クラス中の視線を集めていた。
「三島……お前……」
隣の席の友人が九朗をまじまじと見つめる。
「お、俺にも訳わかんなくて……!?」
ハッとなって口元を押さえる。
声が高い。
「一体、何がどうなって……」
そして、最後の変化が彼に起こった。
スカートを不自然に押し上げていた相棒は突如として姿を消し、代わりにC程度の大きさの乳房が、セーラー服の胸元を押し上げていた。
「な、ない……でも上は、ある……」
股間と胸を同時手で押さえ、九朗は驚愕に表情を歪める。
そこにいるのは既に三島九朗ではなく、セーラー服姿の女子高生だった。


 

DSでトモダチコレクションをプレイしてふと思いつき、ノリと勢いだけで書きましたw
とりあえず参考までに公式サイトのURLを……
http://www.nintendo.co.jp/ds/ccuj/index.html
ちなみにこのゲーム、Mii作成後に女装させたり女っぽくさせたりすることは可能ですが、性別は変えられませんのご了承下さい^^;

inserted by FC2 system